読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょろげ日記

日々のちょろっとしたことを

理想のひとり飯を実現するためには

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

私もそうなのだけど、漫画で描かれるようなひとり飯に憧れたことがある人は多いと思う。

ところが、同じような体験をしてみようと思うとなかなかうまくいかない。

うまいと評判の店に行くと、宴会の騒ぎにまみれて落ち着かないし、行き当たりばったりで店構えが良さそうなところに入ると、常連さんだらけで肩身が狭い。
 

もっとこう、落ちついて淡々と美味しいものを食べながらちょっとだけ日々を省みつつビールを飲みたい。そんなひとり飯にありつくためにはどうすればいいんだろう?

例えば、久住さん原作のひとり飯ものは、整理するとこんな感じになる(漫画、ドラマ混在の個人的な印象をもとに)。

f:id:tyoro_ge:20170410224408p:plain

  • 人気店に一見さんで攻め込む、孤独のグルメ。
  • 人気店をリピートする、食の軍師。
  • 無名のお店に入り浸る、荒野のグルメ。
  • (野武士のグルメはどこにあてはまるんだろう?)

このうち、さほど混まないお店で自分なりの楽しみ方を満喫できる、荒野のグルメはかなり憧れる。

でも、常連になるのは難しい。そもそも、2歳児の親が夜な夜な居酒屋に行くなんてありえないというのもある。

そうすると孤独のグルメのように、外さなそうな人気のお店に一見で行く、これがある。

 
が、ここで大きな間違いをしがちで、たいていが人気店のピーク時に予約をして行ってしまう。そして宴会の喧騒にやられる。

何が違うのかあらためて見直すと、美味いものを自分のペースで落ち着いて食べてる主人公たちは、みんな空いてる時間帯に店に行っているのだ。

井之頭五郎は仕事柄、一般サラリーマンとはずれた時間で店に入っているし、荒野のグルメの東森良介も常連になった店に最初に訪れたのは開店直後だったりする。
 

人気店のピーク時に予約する愚。これが私がひとり飯を失敗してきた理由なんだと思う。理想のひとり飯を実現するためには、評判のいい店に空いてる時間を狙う、これしかない。

更に、2歳児の娘がいる普通のサラリーマンとしてこの作戦を実行するタイミングは、出張、その時しかない。  

まず、出張先で仕事が終わったあと、近場でできるだけ早く入店できる評判のいいお店をいくつか探しておく。客入りが多くなる前の6時には入店したい。

そして、店に行って混んでいないのを確認して入店する。いささかせわしないひとり飯だけど、経験値がないんだからしょうがない。

こうして、理想のひとり飯ができたときのようすがこちら。
 
 
大阪は中津駅ちかく高架下にあるカウンターのみの茜という焼肉屋さん

f:id:tyoro_ge:20170410220430j:plain

左手に瓶ビールとコップ、右手にトングと割り箸、目の前に七輪、という最強の布陣でひとり焼肉。

f:id:tyoro_ge:20170410220443j:plain

タレが旨いのか肉が旨いのか、とくに小腸の脂の甘み成分に脳みそがやられた結果、小腸→カルビ→小腸→ハラミ→小腸という脂と肉と欲望にまみれたローテーションを完成させる。

店にはお一人様のおじさんがもう一人。テキパキサバサバとした店員さんの動きもよく、淡々と美味しい肉を食べ、些細なことを思案してビールで腹に流し込む、そんなひとり飯ににうってつけの雰囲気だった。

七時をまわる頃になって会社の同僚二人組やカップルらしき二人組で席が埋まりだす。

それでも高架下の騒音も手伝って隣の賑やかしが気になるということもない。

カウンターだけの店は団体さんが少ないし、焼肉はそこまで注文が飛び交わない。高架下というのも悪くない。

こりゃ、高架下カウンターひとり焼肉は意外と私のような素人ひとり飯に向いてるのかもなぁ、なんて思いながら二本目のビール瓶を空ける。

雰囲気を喰ってるんだか、肉を喰ってるんだか、みたいな話ではあるけど、この店の肉は間違いなく旨かった。ごちそうさまでした。
 
と、まぁ、機会はめったにないけれど、ささやかながらも手間をかけて理想のひとり飯を繰り返していけば、もっと美味しいひとり飯を体験できるのかもしれない。

Sponsored by Netflix

高速ねかしつけマシーンと化した娘

今週のお題「何して遊んだ?」

1歳後半あたりから娘の遊び方が変わってきて、親のまねを遊びに取り入れるようになりました。

野菜をトントンと切ってお鍋にいれてグツグツ、調味料をパッパッ。

f:id:tyoro_ge:20170219180055j:plain 娘「はい、どうじょ。まだまだあついよぉー、ふーふーしてください。」

お母さんがいつもやっていることを、お母さんになったつもりでかわいい仕草とともに再現してくれます。我が子ながらよく観察していてすごいなぁと思います。

発達心理学の本をかじってみると、こういった日常生活の一部をそのまま再現する、台本があるような遊びは初期のごっこ遊びなのだそうです。

確かに、今のところ娘のごっこ遊びは基本的に家や保育園の日常の再現で構成されています。

もう少し成長すると、ぬいぐるみを誰かに見たてたり、積み木を食べ物に見たてたりして、話をその場で作って展開していく即興コントみたいなごっこ遊びが繰り広げられるようになるのでしょう。楽しみです。
 

で、この初期のごっこ遊びについて、我が家でわりと切実な問題があるのです。

まず、酔っぱらいごっこ。ダイニングテーブルに座ると何かをトリガーに突然酔っぱらい再現ごっこが始まります。

f:id:tyoro_ge:20170219175552j:plain

酩酊するほど飲めないので私ではないと…と思うのですが。しかし、この交互に召喚される陽気な酔っぱらいのおっさんと陰気な酔っぱらいのおっさんは誰の再現なのか…。

俺ってこんな酔っ払いかたしてるの!?からみ酒も陰気な酒も美味しくないよなぁ、などと、娘のごっこ遊びに否応なしに内省を促されるのです。

f:id:tyoro_ge:20170219180102j:plain 酔いつぶれるとごっこ遊び終了、隣に居合わせたお客さんも付き合わされます。
 

ただ、このごっこ遊びは終りがあるからまだ良くて、問題なのはゴールが見えない、ねんねごっこ遊びです。
 
娘「おとーしゃんねんねしよー、おかーしゃんこっちきて」

単に寝かしつけをするというごっこ遊びなのですが、娘が寝かしつける側になります。しかも父母同時寝かしつけ。

f:id:tyoro_ge:20170219165441j:plain

ねんねのトントンをしばらく繰り返すと、寝たかなぁ、と顔をピッタリ寄せてのぞき込む。基本はこの繰り返しです。

しかし、ねんねチェックが非常に厳しい。会話厳禁、少しでも動くと「ねんねよぉー」と仕切り直しになってしまいます。

微動だにできない体制になるとトントンラッシュ、父にトントン、母にトントン、父にトントン……無心で反復横跳びのように寝かしつけを繰り返す娘。

強さも次第にトントン、バンバン、ドンドンと激しくなっていき……いっそ寝ようにも寝れない。

f:id:tyoro_ge:20170219182635j:plain 腰をぐっと入れてバンバン、みぞおちに入って悶絶することも

たぶん保育園で先生がやっている寝かしつけの様子を再現しているんだと思います。終りがあるとすれば全員(私と妻)がねんねしたらなんですけど、寝れないんですよねぇ。ゴールが見えない。

そして、本当にねんねしてほしい時間に私の出番ね!と、このねんねごっこが始まってしまうパターンも。寝かしつけようとしたら寝かしつけられていた、何を言っているかわからねーと思うが…な日々です。
 
というわけで、わりと悩ましいごっこ遊びのお話でした。でも、そのうちお人形を寝かしつけるごっこ遊びに移行しちゃうかもしれませんし、できるだけできるだけ一緒に遊んであげたいなぁと思います。

鬼がこの先生きのこるには

2月3日といえば節分*1、日本全国で鬼が最も活躍する日だ。

ところが、昨今の鬼のなり手不足や恵方巻き業界の隆盛もあり、鬼業界は先行きが見えなくなっている。

「ノルマ前提の恵方巻き業界のほうがよっぽど鬼だ」と自虐的に愚痴を吐く鬼も少なくない。
 

そうした危惧もあり、目をつけられたのが保育園だ。幼少期から鬼に親しませようと鬼業界があの手この手のしかけを仕組んできている。

ところが、もとより人を驚かしてなんぼの習性、どうしても鬼対園児の構図で企画を通してしまう。

保育園の数年間、毎年鬼に襲撃され続けた園児たちは、はれてアンチ鬼派として卒園していくのである。なかには優秀な鬼退治ハンターとして巣立っていく子さえいる。
 

我が娘が通う保育園では、この本末転倒な親鬼派育成法を改善すべく、今年からある改革案が採用された。

園児を鬼サイドに立たせ、鬼の素晴らしさを実感させるのである。

まず、鬼のパンツと角の製作からはじまる。

園児は家から持ってきたビニール袋をパンツに見立て、シールを貼って好きなようにデコる。そして、先生が用意してくれた角に好きなように絵の具を塗る。

f:id:tyoro_ge:20170207000459j:plain

我が家では鬼といえば虎のパンツなので、ドン・キホーテ系列のホームセンターの黄色いレジ袋を採用した。「品を売るより信用を売る」のロゴが正面に来るなんとも誠実な鬼が誕生した。
 
この制作過程で園児たちは、自ずと鬼としての立場を意識し始める。鬼界の鬼、鬼のエリートへの第一歩だ。
 

そして、これがうまくできているのだが、われこそは鬼である、と邪気が芽生えた子鬼たちが向かう先は下のクラスなのである。

つまり、2歳児クラスの娘は1歳児クラスを襲撃するのだ。

力が強い大人を襲撃しても、鬼としての矜持は培えないであろう。力を誇示してこその鬼なのだから、目下のクラスへの襲撃はうってつけなのだ。

襲撃した翌日のお便りには娘の姿がこう書かれていた。

「ダンボールの豆をたくさん投げられてニコニコの○○ちゃんでした」

…来年の活躍に期待しよう。
 

さて、目下のクラスを襲撃するシステムということは、もちろん娘のクラスも一つ上のクラスの面々に襲撃される。

ここで、娘たちは鬼の多様性を知ることになる。

まだ幼い娘たちは用意された素材でステレオタイプな鬼と化すしかなかったが、上のクラスともなるとフリーダムである。

SHIPSの青い紙袋をかぶり扉の隙間から覗いて溜めを演出する鬼、「肉のハナマサ」のロゴをパンツの正面に配置し食べてしまうぞとにじり寄る鬼、肩パッドを装着したヒャッハーな鬼、などなど

この目上の鬼たちの襲撃を経て娘たちの心にはこんな想いが浮かび上がるのだろう。

いろんな生き方があるんだな、鬼っていいかも、と。

そして、来年こそは先輩たちのように立派な鬼になってみせる、と息巻くのである。
 

…無事に節分のイベントを終えると、全園児はいつもの集会へと大広間へと向かう。

ここが賛否の別れるところで、ガチのやつを入れてしまうのが鬼の性である。園長あらため怨長先生が扮する赤鬼が集会に乱入し、成熟した鬼の怖さを見せつけるのだ。

下のクラスへの襲撃を成功させ意気揚々としていた子鬼たちから笑顔は消え失せ、一転、阿鼻叫喚の場と化す。

鬼への親しみ、憧れの想いが生まれていた矢先にこれである。やはり鬼は鬼なのだ。

その後、一度帰ったと見せかけて安心したところに再び乱入するという古典的な演出をして、赤鬼は満足げに帰っていった。

怨長先生は「いつか私も立派な鬼になるんだ、この中の一人でもそう思ってくれればいいんです。」と語っていたとかいないとか。
 

…そして、節分の夜の我が家。怨長先生の思いが通じてか、かわいい小鬼が大暴れをしていた。親鬼派の明るい未来が見えた瞬間である。

f:id:tyoro_ge:20170207000514j:plain

しかし、自ら豆を投げるニュータイプの鬼となっていたことは一考の余地ありと、鬼業界へ提言したいと思う。
 
 

という、虚実織り交ぜのお話でした。

言いたいことは、いつも園児のために試行錯誤してくれる保育園に感謝してます、という点につきますが、 今週のお題「私のタラレバ」 にかこつけて鬼業界の立場になって書いてみました。深い意味はありません。悪しからず。

*1:たまたま2月3日なのであって、2025年からは2月2日になってしまうそうだが。

寝相がわるい子供の寒さ対策には「ホッペッタガーゼスリーパー」がおすすめ

今週のお題「冬の寒さ対策」

子どもの寒さ対策といえば、我が家ではこちらスリーパーです。

f:id:tyoro_ge:20170201152947j:plain 寝間着の上に着ているのがスリーパー

スリーパーとは、子どもが寝ているときに布団や毛布をを蹴ってしまって寒い思いをしないよう、あらかじめ着せておく厚手の上着です。赤ちゃん~幼児期用の着る毛布、というとわかりやすいかも。

スリーパーを購入してから3度目の冬になりますが、今やこれなしには娘のねんねが始まらない!というほど愛用するようになりました。
 

寝相がわるい

特に冬場にスリーパーを愛用している1番の理由は、なんといっても娘の寝相。

とにかく寝相が悪い!寝床を縦横無尽に転がりまくる。毛布なんてあってないようなものです。

夏はいいとして、これでは冬は気になって安眠できません。寝相のわるい子にはスリーパーは必須のねんねグッズだと思うのです。
 

ホッペッタのガーゼスリーパーの良いところ

さて、ベビースリーパーというと世の中には山ほどありますが、いろいろ探した結果、我が家はフィセルという会社のホッペッタというブランドが販売しているガーゼスリーパーにたどり着きました。

使っていて良かったと思うのは主に次の3点。

  • 着せやすい・めくりやすい
  • 着心地がいい
  • デザインが好き  
     

着せやすい・めくりやすい

スリーパーを探していると、いろいろな形があります。

  • 留め具は、ボタン・チャック・紐
  • 留める場所は、肩・脇・正面
  • 形状は、袖あり・袖なし・足まですっぽり

などなど。

ホッペッタのスリーパーは、ボタン、肩+脇留め、袖なしという組み合わせです。

f:id:tyoro_ge:20170201150851j:plain 我が家で今使っているのは2歳から7歳までのタイプ(64cmx39cm)。一回り小さい新生児から3歳までのタイプ(58cmx35cm)もあります。

娘が眠そうになった瞬間にぱっと着せられる着せやすさ、寝たままオムツを替えられるめくりやすさ、こういった子育てあるあるの状況に対して、ばっと着せられてばっとめくれるホッペッタのスリーパーはよく出来ていると思います。

 

着心地がいい

着心地が良くないと娘も気にいって愛用してくれません。

ホッペッタのスリーパーは着心地はふんわり。種類の違うガーゼを6層に重ねているので空気を含んでふっくらする、からだそうです。

ガーゼ素材なので汗の吸い取りも抜群ですし、気軽に洗える上に、洗うほど柔らかくなってふんわりとしていくのもいいですね。

それと日本製というのは安心感があります。

 

デザインが好き

これは個人的な好み。

スリーパーを探していると大体が小さい絵柄で淡い色合いですが、選んだ champignon(シャンピニオン)というタイプは、カラフルで大きめの絵柄です。

これはねんねの時に着るんだよ、と覚えてもらいやすいよう絵柄がはっきりしたものを選びました。まぁ、なぜかきのこ柄なんですけどね。

f:id:tyoro_ge:20170201152042j:plain 勇壮な出で立ちでねんねに向かう娘

中世の騎士が着ているサーコートのようなので、我が家では「きのこ戦士」という相性でかわいく愛用しています。
 

ねんねの誘導にも

寒さ対策以外で良かったのは、スリーパーを着ること自体が入眠の儀式になったことです。

最近はねんねをする時に着るもの、と覚えてくれたようです。眠くなったら自分からスリーパーをもってきて「ねんねする」と渡してきます。

f:id:tyoro_ge:20170201152413j:plain その後、やっぱり寝ない!とひとしきり駄々をこねてから床に落ちているゴミを見つけては拾えと訴えてくる小姑ルーチンもたまにあります。

 
 
というわけで、子どもの寒さ対策に活躍しているスリーパーの紹介でした。

子どもの寝相が悪くて夜な夜な毛布をかけなおしている、スリーパー買ってみようかなぁ、なんて考えている方の参考になれば幸いです。
 

一緒に遊ぶ!1歳の子どもに買って良かったおすすめおもちゃ

1歳から2歳にかけて買って子どもに買ってあげて良かったおもちゃを紹介します。

選んでみるとほとんどが後半買ったものでした。なので、実質1歳後半から2歳にかけてよく遊んだおもちゃ、だったりします。
 

1歳~2歳の子どもに買って良かったおもちゃを紹介

子ども用室内テント

ベスト1を決めて、と言われたこれになるでしょう。

娘の2歳の誕生日に買った子ども用室内テントです。
 

家の中にある可愛いテント、そこにこもってしまって出てこない可愛い我が子。こんな描写に憧れていましたが、晴れて実現するときがやってきた!

f:id:tyoro_ge:20161231085847j:plain

ところが、思わぬ誤算が発覚します。

娘はこもる派ではなく、おまねき派だったのです。

f:id:tyoro_ge:20161231085215j:plain

「おとしゃんは、ここ」「おかしゃんは、ここ」

いやぁ、可愛い、お招き派もなかなかいいじゃないですか。マイテントにお招きする娘が可愛くてたまりません。
 
子供用の室内テントは数多くありますが、妻と相談して以下の理由で選びました。

  • 引きずっても床が傷つかないような底(素材)になっている
  • かわいいデザイン
  • 設置が簡単
  • 中が覗ける(メッシュの小窓がある)

アウトドアメーカーのLOGOSの商品なので、作りはしっかりしていますし、設置は5分もかからず完了、なにより可愛い。

さらに身長80cm台の娘なら中で寝るもよし、おままごとするもよし、ちょうどよい広さです。

ペグが打てるようになっているので外で使うこともできますし、入り口が広く出来るよう紐がついてるとか、アウトドアメーカーならではの実用的な配慮もあります。

難点をあげるとすると、おまねきされたときに中が暑いことでしょうか。
 

ディズニー マジカルマート おしゃべりドリームレジスター

年間を通じて1番稼働率が高かったのは、1歳半くらいの頃におじいちゃんに買ってもらったレジスターのおもちゃです。
 

レジ本体、おもちゃのお札と小銭、ポイントカード、牛乳やぶどうなどのおもちゃの商品、といった付属品で構成されています。

レジの部分に付属の商品をかざすと商品名と値段をキャラクターが読み上げてくれます。RFIDチップが内蔵されているので、あれうまく読み取れない?なんてこともありません。

さらに赤外線センサー(多分)があるようで、付属の商品でなくてもレジ部分にかざせばなんでも値段を読み上げてくれます。

f:id:tyoro_ge:20161231084615j:plain

「お会計お願いしまーす」

「ピッ、350円」

家中の小物を集めては、娘にお会計してもらうお買い物ごっこが楽しい。

お会計が飽きたら小銭遊びが始まります。付属の小銭のジャラジャラ感が結構いいんですね。

「PUSH」ボタンをおして「チンッ、ジャラッ」とレジからお金を出して、ジャラジャラとお金をまぜて、レジにしまう。

なんてことはないプラスチックでできた円盤の小銭ですが、小気味よい音が娘のお気に入りのようです。

対象年齢は3歳~となっていますが、1歳半でも十分没頭して楽しめるのでおすすめです(小銭を誤飲しないよう一緒に遊ぶのが大前提)。

また、実はこのおもちゃ、単純なレジモード以外にもいろいろなモードがあります。

  • レジスターモード
  • お使いモード
  • お勉強モード(数字を覚える)
  • 電卓モード(足し算と引き算ができる)
  • 上記を英語にも切り替え可

成長とともに遊び方も変わっていきそうですね。長く遊んでもらえるよくできたおもちゃだと思います。
 
おじいちゃんに買ってもらった経緯はこちら。

tyoro-ge.hatenablog.com  
 

おねんど

一緒に遊んでいるといつの間にか親が夢中に、といえばねんどでしょう。これも年間を通じて活躍しました。

まだ口にいれてしまうことがあるので、選んだのは食べても平気な素材でできているねんどです。

1つめに買った小麦ねんどは安くてお手軽です。やわかいので子どもでもすぐコネコネできていい!んですが、難点があります。

  • わりと臭い
  • 手がベタつく
  • ポロポロと細かく落ちる

毎日遊ぶので終わった後のおかたづけの手間が気になるようになりました。そこで、小麦ねんどに比べると結構お高い寒天ねんどを試してみました。
 

  • 臭いが気にならない
  • べたつかない
  • 色が鮮やかで、混ぜると違う色になって楽しい

お気に入りの点も多く、最近はボーネルンドのかんてんねんどで遊んでいます。

f:id:tyoro_ge:20170103220825j:plain

ただ、かんてんねんどはしばらくすると固くなってしまいます。1歳程度の子どもの力では柔らかくできないので、遊ぶ時は、まず親が一緒にコネコネするところから始めましょう。

それと口に入れても嫌がるようににがりが練り込まれています。実際娘は口にいれちゃったことがありましたが、「にがぁ」という顔ですぐに口から出していました。
 
 

モスのオマケ

買った、という意味では間接的にですが、モスバーガーのキッズセットのおまけでもらったスポンジシールも大活躍しました。いままでもらったオマケの中ではいまのところベスト1。

なんてことはない、お風呂の壁にペタペタはれる薄いスポンジ状のシールなんですが、娘とのお風呂タイムにはかかせないおもちゃとなりました。

f:id:tyoro_ge:20170101083909j:plain

「イルカさんはどこにはるんですか?そこにはりますかー、さすがですねー」

アーティストとその理解者という設定で遊んでします。

お風呂に浮かべて「お魚スイスイ♪」と一緒に歌ったり、なかなか汎用性が高いおもちゃですね。おかげでいつの間にか、イルカさん、タコさん、亀さん、お魚さん、モッさんといえるようになりました。
 

まとめ

ということで、1歳から2歳にかけて子どもに買ってあげてよかったと思ったおもちゃの紹介でした。

親も一緒になって遊べるおもちゃ、日常生活のごっこができるおもちゃ、が人気ですね。どれも長く遊べそうですし、これから遊び方がどう変わっていくのかも楽しみです。
 
0歳向けのおもちゃについてはこちらをどうぞ。

tyoro-ge.hatenablog.com