読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょろげ日記

日々のちょろっとしたことを

つわりがひどいと女の子が生まれる?信じるか信じないかは……

つわり対策

妊娠9週目後半に入り、つわりのピークが過ぎたかも?と体調のいい日もある妻。

そういった時に、本やネットで仕入れた情報をドヤ顔で披露してきます。

そんなドヤネタの一つが、お腹の子の性別診断です。

f:id:tyoro_ge:20140516222518j:plain

例えばこんな具合にドヤッてきます。


妻「つわり中にフライドポテトを好んで食べると男の子」

ドヤッ


妻「つわりがひどいと女の子」

ドヤッ


妻「お腹が前に突き出ると男の子」

ドヤッ



もちろん妻も真面目に信じているわけではなく、うわさ話程度の受け入れ方で、信じるか信じないかはあなた次第のノリで楽しんでいます。


私もノリにのっかって一発かましてやろうと、ネットで調べていると

つわりがひどいと男の子(または女の子)
その話、ホント?それとも迷信?「赤ちゃんの性別に関する言い伝え」の巻|プレママ特集|プレママタウン

のようにどこぞの必ず当たるプロファイラーのようなのもありますが、つわりのひどさと性別に関係があるのでは?というコメントが結構あるのが気になってきました。


そして、その根拠の一つとして提示されているのがこちらのスウェーデンの研究。

1987年から1995年にスウェーデンで出生した1027213名が対象です。
このグループの男女比は、51.4対48.6でした。
このグループのなかで、重症妊娠悪阻で入院した8186名の子の男女比は、なんと44.3対55.7と女児が多かったのです。

もしかすると「つわりがひどいと女の子(ドヤッ)」の噂の元はこの研究のコピペなのかもしれません。


なんとなくもう少し調べてみます。


日本語圏でこの引用をしている最も古い記事はこちらでした。ただ、研究内容についてはコピペ以上の情報はありません。
つわりで性別が分かる?


一方、英語圏で調べてみると1999年に投稿されたこちらの記事が見つかりました。引用部分より情報があるようです。
DGReview
 

まず、記事の文末に出典が書かれています。

Lancet 1999 Vol 354 No 9195; Letter
DGReview

 
むむ、とても権威のある医学誌にのった研究のようです。

『ランセット』(英語:The Lancet)は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つであり、編集室をロンドンとニューヨークに持つ。
ランセット - Wikipedia

 
更に、記事では次のように書かれています(読み間違えていたらすみません)。

妊娠悪阻のための最初の第一期中に病院に入院した女性の中では……44.3男の子と55.7女の子を出産した。(Among the women admitted to hospital in the first trimester for hyperemesis gravidarum, however, the figures were reversed and they gave birth to 44.3 boys and 55.7 girls.)
DGReview

第二または第三期中に…病院に入院した女性の間で男の子と女の子の出産の比率に変化はなかった。
(There was no change in the ratio of boy and girl births among women who were admitted to hospital for hyperemesis gravidarum during the second or third trimester. )
DGReview

 
もう一つ、記事では次のように書かれています。

妊娠悪阻の彼らの定義が不正確であることを、研究者は認めている。 (Their definition of hyperemesis gravidarum may be imprecise, the researchers concede.)
DGReview

 
まとめると、次の2つのことを言っています。

  • 男女比に違いがでたのは第一期のつわりだけ
  • つわりの定義が難しいことを研究者が認めている


ちなみに、つわりの症状は大きく3つに分けられるそうです。調べるまで知りませんでした。

第1期  悪心・嘔吐を主徴とする時期
第2期  代謝障害による全身症状が現れる時期
第3期  脳症状、神経症状が現れる時期
日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-妊娠悪阻

 

他に比べると第一期のつわりは当てはまるかどうか診断が難しいようだし、母集団の属性があいまいな時にだけ男女比に差が出たというスウェーデンの研究をもって「つわりがひどいと女の子(ドヤッ)」は厳しいかもね。


と、妻に言ったら鼻息一つだけの返事を返されました。以上です。