読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょろげ日記

日々のちょろっとしたことを

旅には風呂敷

妻と付き合いだしの初々しい頃のこと。

初めての旅行。旅館について荷解きをしようとする妻が旅行バッグからポンポンと取り出したのは……風呂敷。

身近に風呂敷を愛用している人がいなかったのでびっくりしたもんです。 
 
その後、妻と結婚し、わが家では「旅には風呂敷」が定着してきました。イタリア新婚旅行も風呂敷でパッキングしていきましたよ!

f:id:tyoro_ge:20140911112427j:plain

先日行った京都旅行も風呂敷。

f:id:tyoro_ge:20140911113335j:plain

それにしても、風呂敷はシンプルで使い勝手がいいですよね。

  • たためばコンパクト
    • 旅では3枚使います。妻のもの、私のもの、着替えを詰める用(行きは畳む)。
  • どんな形・大きさにも合わせられる
    • 風呂敷の大きさ次第ですが、うちは70cm~90cmのものを愛用。
  • バッと開けるので取り出しが楽
    • 袋だと奥に入ったものが取り出しにくいですよね。
  • 汚れても洗える
    • 妻の風呂敷はどれも十年以上もの。

風呂敷でパッキング

風呂敷で荷物をまとめたらぽいぽいとホグロフスのボストンバッグへ入れる。おさまりがイイ!

f:id:tyoro_ge:20140911112430j:plain

ホグロフスのボストンバッグ、DOMEシリーズは持ち手部分をかけ替えてショルダースタイルからバックパックスタイルへ切り替えることができます。

f:id:tyoro_ge:20140911112432j:plain

両手を開けたいのでバックパックスタイルをよく使うんですが、風呂敷のおかげで荷崩れがしません、相性良し。ホグロフスと風呂敷をかけあわせて使っている人は少ないんじゃないでしょうか。

f:id:tyoro_ge:20140911112433j:plain

ちなみに妻の一番のお気に入りはこの風呂敷。これも十年以上使っているそうです。ポイントは柄のかわいらしさと、ちりめん素材。ちりめんだと伸び縮みするので綺麗に包みやすく、結びやすいんです。 
 

そんなわけで今週のお題「私のかばん」、旅には風呂敷。いいですよ!