読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょろげ日記

日々のちょろっとしたことを

手を叩いて笑うのは日本人だけではない

なぜ手をたたいて笑うんだろう?という「無意識の習慣」について考察する記事を読みました。

確かになんで手を叩くようになったんだろうと考えてしまいます。とても面白い視点だと思いました。

で、気になったのが、記事で紹介されていたノンフィクション作家の森達也さんが話している下記のくだり。

森:もしかしたら世界的な傾向なのだろうかと思ったこともあった。でも去年。ヨーロッパで学生たちを観察する機会があったけれど、笑うときに手を叩くことはなかった。日本だけかもしれない。

「Why clap laugh」で検索すると、なんで笑う時に手を叩くの?といった英語圏の方々の質問がいくつか出てきます。手を叩いて笑うのは日本人だけじゃありません。

why clap baby laugh - Google 検索
   
こんな動画も存在します。

アメリカNBCのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」の司会を務めるジミー・ファロンさんが、笑う時に手を叩きすぎでしょ!という動画。日本だと関根勤さんで作れそうです。

と、日本に限った話じゃないですよ、と指摘でした。
 
 
ただ、いずれにせよ、これを観ると笑っていることをアピールするために手を叩いている説は合ってそうな気がしてきます。 
 
じゃぁ、その人達にとって「笑うほど面白いと思っている状態を表現する手段=手を叩く」となったのはいつなのか?なぜなのか?

元記事で言及されている通り、有名人がそうしているのをテレビで観て影響を受けた人もいると思いますが、せっかくなのでそれとは別の有力そうなコメントを2つ紹介します。

I do that sometimes, although I usually do the knee-slap instead. Maybe it's something to do with how your muscles tense up when you laugh. So when you laugh really hard, your muscles get too tense, so you have to hit something/yourself to balance out …

たいていは膝をたたくけどたまに手を叩くね。多分、それは笑う時に筋肉がどれだけ緊張するかと関係あるんじゃないかな。ガチで笑う時は筋肉が緊張する、だから膝とか手とか何かを叩いてバランスをとる(超適当意訳)

本気で笑う時に、筋肉のバランス?によってはずみで何かを叩いてしまい、それがきっかけで笑い=叩くの癖がついていってしまった説。

Hahahaha I do this too! It's because I'm laughing so hard I can't breath and I can't laugh loud enough without sounding like a lunatic, so I just clap instead because my muscles get so contracted and it's easier than trying to laugh audibly.

ハハ、俺もそうするよ!すっごい笑う時は、息ができないし大きい声で笑おうとすると変な声になるし、だから代わりに手を叩くんだよ、(筋肉が引き締められるし?)声に出して笑うより簡単だからね(超適当意訳)

大きい声で笑えない(もしかしたらひき笑い?)ので、ものすごく笑っていることを表現する手段として手を叩くようにしてる説。明石家さんまさんが笑う時に棒で机を叩くのがこれかも。

ということで、手を叩いて笑うという行為は、メディアなどの第三者の影響がなくても、ある条件下で主体的に生まれる表現手段なのかもしれませんね。