読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょろげ日記

日々のちょろっとしたことを

ワット・アルンの茶猫

タイ旅行記

昨年行ったタイでパシャリとさせていただいた猫たちを紹介します。
まずはワット・アルンで出会ったお猫たち。

f:id:tyoro_ge:20140525232112j:plain
チャオプラヤー川からみたワット・アルン

通称「暁の寺」と呼ばれるワット・アルン(ワット・アルンラーチャワラーラーム)。バンコクでは有名なお寺の1つなので、行ったことがある方も多いかもしれませんね。

f:id:tyoro_ge:20140525233816j:plain
陶磁器の欠片で装飾されています。

f:id:tyoro_ge:20140526002532j:plain
とんでもなく臭い手すりを掴んでとんでもなく急勾配な階段を登ると

f:id:tyoro_ge:20140526002544j:plain
チャオプラヤー川を挟んでバンコク市内を臨むことができます。


無事に塔から降りてきてホット一息、休んでいるとなかなか野性的な顔の方がいらっしゃいました。

f:id:tyoro_ge:20140525232113j:plain
茶猫ですね

f:id:tyoro_ge:20140525232114j:plain
だるそうに顔を上げてこちらをジロリ

f:id:tyoro_ge:20140525232115j:plain
「おう、ここで休んでいきな」


そして、もう猫はいないかなーとトイレに寄った帰りに、横をささっと黒猫。

f:id:tyoro_ge:20140525232106j:plain
タイでは黒猫はあまりみかけなかったかも。

f:id:tyoro_ge:20140525232107j:plain
小奇麗な黒猫でした。

f:id:tyoro_ge:20140525232126j:plain
さっきのチンピラより警戒心が強くて近づけず、残念。


f:id:tyoro_ge:20140525235744j:plain
手前がワット・アルン、川を挟んで奥がバンコク市内

ワット・アルンはチャオプラヤー川を渡ってくる区画にあります。この猫さんたちはどうやって暮らしているんでしょう?うーん、たくましい。


ワットプラケオと猫に続きます。